company 会社概要

いつの時代でも
人々の豊かな生活の実現に寄与します

創業から長きにわたり磨き続けてきた私たちのテンプル製造技術は、現在、国内唯一となりました。一貫生産で品質の高い製品の供給責任を果たすことはもちろん、今後は少数精鋭だからこそ実行できる機動力で、多様化するニーズにお応えしてまいります。
わたしたちは選ばれ続けるテンプル製品、プラスチックマグネット製品を供給することで、世界の産業を支え、人々の豊かな生活や温かい社会づくりに貢献してまいります。

代表取締役社長 齋藤 孝司

画像:代表取締役社長 齋藤 孝司

COMPANY PROFILE 会社概要

会社名 株式会社アスキー
代表取締役社長 齋藤 孝司
本社所在地 〒130-0004 東京都墨田区本所1丁目34番6号
本工場 〒435-0022 静岡県浜松市南区鶴見町2381番地
資本金 1,000万円
操業年月日 2021年4月1日より(株)アスキーとして営業開始
生産品目 自動織機部品(テンプル)、プラスチックマグネット
主要取引先(50音順) 株式会社ソミック石川津田駒工業株式会社豊田産業株式会社やまと興業株式会社ヤマハ発動機株式会社

ACCESS アクセス

〒435-0022 
静岡県浜松市南区鶴見町2381番地

HISTORY 沿革

1947年2月 楊子町に揚子製作所を創立し機械部品と自動車部品の製造に従事
1949年6月 同敷地内の(株)石川鋳造所と合併。揚子工業(株)に改組し織機部品の製造を一貫体制とする
1953年5月 テンプルカッターを開発し、各紡績、各織機メーカーと取引開始
1954年4月 オートバイ部品の製造開始
1971年4月 スノーモービル部品の製造開始
1980年9月 三島工場稼働
1989年3月 高塚工場稼働
1996年4月 高塚工場を繊維事業部とし、三島工場をヤマハ関係部品の組付けラインとして稼働
1997年4月 篠原工場へ繊維事業部を移設・稼働
1998年6月 (株)アスキーの建設工事開始
1998年9月 PT.YOHZU INDONESIA稼働開始。(インドネシア合弁会社)
1999年7月 (株)アスキー工場完成
2000年2月 揚子工業(株)他4社を統合し、(株)アスキーを設立。 稼働開始
2004年5月 (株)アスキー南工場完成
2006年12月 (株)アスキー西工場完成
2008年11月 篠原工場「繊維機械部門」 を本社内に移設・稼動 (篠原工場廃止)
2013年3月 本工場・南工場太陽光発電売電開始
2014年7月 西工場太陽光発電売電開始
2021年4月 (株)ソミック石川との吸収分割に伴い、同一名称の別会社として(株)アスキー設立し稼働開始

OVERSEAS BASE 海外拠点

PT.YOHZU INDONESIA インドネシア

PT.YOHZU INDONESIA インドネシア

Google Map

Jl.Jababeka XIIB Blok W24
Kawasan Industri Cikarang
Bekasi 17530, Jawa Barat-Indonesia

会社案内(PDF:1.57MB)

CONTACT お問い合わせ

ご不明な点、ご質問等ございましたら
お気軽にご連絡ください。

※個人情報の取り扱いについては、
プライバシーポリシーをご覧ください。

お電話からのお問い合わせ

053-423-1050

(受付時間 8:20-17:20当社休日を除く)

サイトからのお問い合わせ

お問い合わせ